記事の詳細

故人の遺品整理をしていると、消費者金融の明細書などから故人が借金をしていた事が明らかになることもあります。

故人の残した資産を相続するのなら、この借金も相続の対象となってしまいますので、金額によってはご遺族の方にかかる負担も大きくなってしまいます。
そこで遺品整理をしていてこうした借金が見つかった場合には、他にも明細書やカードがないかもしっかり調べていき、遺品整理が終わった後に慌てず弁護士などへ相談する事をおすすめします。

故人の資産があまりないようでしたら、多くの場合が相続放棄という方法がとられると思われます。
相続放棄する事で借金も遺族の方が相続する必要が無くなりますので、借金を支払う義務は無くなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る